新光電子株式会社

[イメージ]

点検メンテナンスサービス

定期点検の方法

定期点検は、一定の時期または使用期間を定めて定期的に行う点検です。定期点検を行う前に基本項目として「日常点検」で行う項目の「設置状態( 水平)」「汚れ・異物の有無」「ゼロ点戻り」「一番使う場所の重量表示」などの確認を行っておきます。

①ひょう量の分銅を載せ、重量表示を確認

ひょう量( 計量できる最大値) を6kg とした場合は次のように行います。

  1. 6kg の分銅を用意します。(6kg 分銅→1kg 分銅を6 個、または2kg 分銅を3 個、または5kg 分銅+1kg 分銅)
  2. 分銅を載せる前に、重量表示が0.0g であることを確認します。
  3. 6kg の分銅を計量皿に載せます。
  4. 重量表示が5,999.8g ~ 6,000.2g 以内であることを確認します。( 点検基準は±0.2g 以内ですから6kg±0.2g 以内が正常となります。)
  5. 分銅を降ろし、重量表示が0.0g となることを確認します。
[イメージ]

②ひょう量の1/2 の分銅を載せ、重量表示を確認

ひょう量( 計量できる最大値) を6kg とした場合は次のように行います。

  1. ひょう量の1/2 ですから、3kg の分銅を用意します。(3kg の分銅→1kg の分銅3 個、または2kg 分銅+1kg 分銅)
  2. 分銅を載せる前に、重量表示が0.0g であることを確認します。
  3. 3kg の分銅を計量皿に載せます。
  4. 重量表示が2,999.8g ~ 3,000.2g であることを確認します。( 点検基準は±0.2g 以内ですから3kg±0.2g 以内が正常となります。
  5. 分銅を降ろし、重量表示が0.0g となることを確認します。
[イメージ]

定期点検データシートの例

Excel

PDF