新光電子株式会社

[イメージ]

点検メンテナンスサービス

はかりを使用する時の注意点

[イメージ]

① 据え付け時や使用場所を変えた場合、必ずはかりを校正しましょう。校正は取扱説明書などの校正手順に従って行ってください。

[イメージ]

② 計量物を紐せたまま、はかりを動かさない。計量皿からものが活ちてケガする恐れがあります。

[イメージ]

③ アジャスターを浮かせない。計量物を載せた時に不安定となり、計量皿からものが落ちてケガする恐れがあります。

[イメージ]

④ 不安定な台や振動を受け易い場所て使わない。表示がチラックことがあります。また、計量皿からものが落ちてケガする恐れがあります。

[イメージ]

⑤ 床が柔らかい場所で使わない。ものを載せるとはかりが傾いて、正確に計れない場合があります。

[イメージ]

⑥ 防塵性能がないはかりを、粉塵が多い場所で使わないで下さい。爆発や火災の原因となることがあります。また、電気回路の接触不良など故障の原因となる恐れがあります。

[イメージ]

⑦ 衝撃を与えない。破損•故障の原因となりますので、計るものを静かに載せてください。

[イメージ]

⑧ 周囲の温度・湿度の変化が激しい場所て使わない。正確に計れない場合があります。周囲温度は0℃~ +35℃内でお使いください。

[イメージ]

⑨ 直射日光が当たる場所て使わない.表示がみずらくなることがあります.はかりの内部温度が上昇し正確に計れない場合があります.

[イメージ]

⑩ 防水性能のないはかりを雨や水があたる場所で使わない。感電やショートする恐れがあります。また腐食して故障の原因となります。

[イメージ]

⑪ エアコンなどの風があたる場所で使わない。表示がチラつくことがあります。この時は風防を使ってください。

[イメージ]

⑫ 揮発性の溶剤を使わない。本体が変形することがあります。本体のよごれは、からぶきまたは中性洗剤などを含ませた布で落としてください。

[イメージ]

⑬ 分解・改造・修理をしない。故障・発熱の原因となります。故障・修理などは、メーカーに依頼してください。