新光電子株式会社

[イメージ]

どんな先輩たちがいる?

[イメージ]

国と文化の違いを乗り越えた先に、海外営業ならではの達成感がある。

海外事業部 海外営業課 課長
入社18年目

菊地 真人

アジアと中東・アフリカ地域の営業担当として、実際に現地へ出張に行ってお客様である代理店とやりとりを行います。また、海外営業部の課長として、課のメンバーをまとめて目標を達成させるための環境づくりも行っています。
海外営業の仕事は、国内営業と違い簡単にお客様のところへは行けるわけではありません。長時間の移動もありますし、治安・風土の違いによって大変な思いをすることも多くあります。しかし、当社のパートナーである各国の代理店と共に奮闘して目標を成し得た時や、結果的に「新光電子の代理店でよかった」と言って頂いた時は、大きな達成感を感じられます。

もっと多くの国、多くの人に、新光電子の存在を広めていきたい。

お客様はみんな現地の方なので、言葉だけではなく考え方や常識なども、日本人とは大きく異なります。やりとりが難航することも少なくありません。しかしその中で、互いの共通点を発見し、新たに気付かされることがあります。そこから突破口を見つけ、双方が納得いくように商談をまとめていきます。海外営業は、文化の違いを乗り超え、コミュニケーション能力を最大限発揮し、目標を達成させていくことで、自分の視野が大きく広がっていく仕事です。
新光電子の製品は、ヨーロッパの薬局や韓国のスマートフォン工場、インドの大学研究室、イスタンブールやドバイのジュエリーショップなど、海外の至る所で使われています。現在、世界には 50 カ国以上に当社の代理店がありますが、それをさらに増やしていくことが私の目標です。皆さんも世界を舞台に、当社の誇りある製品を広めていきましょう。